ホーム診療メニュー → ホワイトニング

ページの先頭

診療メニュー ホワイトニング

Whitening

文字のサイズ : 大きく | 標準

ホワイトニング(歯の漂泊)とは、無害な薬剤で歯を白くする方法です。当院ではご家庭でご自分で行うホームホワイトニングを行っております。

濃度の低い薬剤を使うため、白くなるまでに約2週間、出来るだけ毎日2時間ほど行ってゆきます。薬剤が深く浸透するため、白さの限界点が広がり、また長期間持続する特徴があります。

ホームホワイトニングの方法

医院で患者様の歯形に合わせたトレイ(マウスピースの様なもの)を作り、薬剤のジェルを流し込み、装着します。

ホームホワイトニングのメリット

  • 白さが長持ちする。
  • 奥歯まで全ての歯を白くする事ができる。(天然歯に限ります)
  • ご自宅で行える。

ホワイトニングの流れ

初診

↓

虫歯の有無や歯の状態をチェックし、ホワイトニングが適しているか診断いたします。

カウンセリング

↓

ホワイトニングの説明とシェードガイドという歯の色見本を使いながら、どの程度白くしたいかご相談いたします。

準備治療

↓

ホワイトニングの効果を最大限に引き出すため、ホワイトニングの前にむし歯の治療や歯のクリーニングを行います。

ご説明

↓

まず、ご自身の歯型にあったマウストレーを作成します。
そして、ホワイトニング剤のご説明と使用方法のご説明をいたします。

ホワイトニング開始

ご自宅で2時間ほど薬剤とトレーを使ってホワイトニングをします。
医院で、定期的に色のチェックをいたします。

施術前と施術後の写真

よくある質問と回答

Q

いくらかかりますか?

A

当院では上顎下顎で¥73,500(税込)、上顎、または下顎だけだと¥42,000(税込)です。


Q

一度でどれくらい白くなりますか?

A

個人差があって、予測が困難です。ホワイトニングは日焼けと似ています。「一日日焼けしてどこまで焼けるのか?」は個人差がありますよね。歯もどこまで白くなるかについては人それぞれです。でも、今よりは確実に白くなります。


Q

毎日行うのは面倒!一度で確実に白くするのは可能ですか?

A

出来ない事もありませんが、それには強い薬剤を使うため、歯にかなりのダメージがあり、危険です。施術中も疼痛があるため痛み止めのお薬が欠かせません。当院ではあくまで健康な歯の状態のまま白く美しくしてゆく事が大事と考えておりますので、行っておりません。


Q

市販の歯磨き粉で歯を白くする事はできますか?

A

ほとんどの歯磨き粉には研磨剤が入っていますから、歯の表面の汚れを落としたり、ホワイトニングで白くなった歯の維持には役立ちますが、「白くする」という効果は期待できません。


Q

ホワイトニング剤の成分はなんですか?

A

過酸化水素と過酸化尿素です。聞き慣れない成分ですが、米国食品医薬品局(FDA)でも成分の安全性を保障しています。これまでホワイトニングが先行しているアメリカでは数千万人が体験していますが、事故報告はなんと0件です。正しい使用方法に基づいて行っていただければ大丈夫です。


Q

ホワイトニング後に気をつける事はありますか?

A

直後は色素が再沈着しやすい状態になっていますので、24時間以内は色素の強いコーヒー・緑茶・紅茶・赤ワイン・チョコレート・カレーライス・タバスコ・お醤油などは避けてください。


Q

白くしたのに数ヶ月で後戻りしてきました。どうして?

A

後戻りはします。これは仕方のないことなのです。理由は2つあります。

  1. 歯の表面に着色してくる。日常生活で先にあげた着色性の強いものを摂取することで、少しずつエナメル質に有機着色物として沈殿してゆき、歯の色を黄色っぽく見せるのです。
  2. 歯の再石灰化により効果がなくなってくる。歯には軽度の虫歯を予防する「再石灰化」という自己修復機能があります。これによってホワイトニングで白くした表面を身体が修復してしまうのです。

Q

維持するのはどうしたらよいですか?

A

3〜6ヶ月ごとに歯のお掃除や、ホワイトニングでメンテナンスしてゆく必要があります。また、ホワイトニング成分配合の歯磨き粉でしっかりと歯磨きをしていただくと長持ちします。